コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春慶 シュンケイ

3件 の用語解説(春慶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅんけい【春慶】


室町時代の漆工。和泉(いずみ)国堺の人。春慶塗を創始。生没年未詳。
鎌倉時代の尾張国瀬戸の陶工、加藤景正の法号。

春慶塗」の略。
春慶焼」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

春慶

生年:生没年不詳
和泉国堺(堺市)の漆工。応永年間(1394~1428)の人といわれるが確証に乏しい。『松屋会記』永禄11(1568)年2月16日によれば松屋久政は春慶から茶の湯に招かれており,春慶が堺の住人で茶入を焼かせたり天目台の作者と記している。また初期の茶道指南書『分類草人木』(1564刊)の筆者である堺の茶人直松斎春渓が春慶に広まりと同一人物ともみられる。春慶塗は木地に柿渋や蘇芳などの下塗りをした上に透漆を塗り木目の美しさをみせる技法で,春慶が創始した技法と伝える。後世全国堺春慶,飛騨春慶,能代春慶などがある。<参考文献>黒川真頼『工芸志料』

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅんけい【春慶】

○ 鎌倉時代の尾張国瀬戸の陶工、加藤景正の号。
○ 漆塗り職人の名。一説には応永年間(1394~1428)頃の和泉国堺の人という。春慶塗の創始者。
「春慶塗」「春慶焼」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春慶の関連キーワード春慶塗心性畠田物福蔵和泉[市]唐物久兵衛国友(2)夕雲開和泉国一宮《和泉国浮名溜池》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春慶の関連情報