塚原温泉(読み)つかはらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部,由布市にある温泉。別府温泉由布院温泉の中間,標高 1045mの伽藍岳 (硫黄山) 中腹に位置する。一帯は赤茶けた露岩地帯が広がり,火山地帯独特の荒涼とした風景をみせている。泉質硫黄泉泉温は 57~65℃。古くから皮膚病名湯として知られ,リウマチ,胃腸病,便秘などにも効能が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区にある温泉。伽藍(がらん)岳の南西山腹、標高800メートルの高所にある。塚原高原、日出生(ひじゅう)台、由布岳の眺望がよい。源為朝(ためとも)が発見したと伝え、旅館設置は大正以後である。伽藍岳の爆裂火口内に広範囲に硫気孔があり、泉源となる。泉質は酸性泉。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android