コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚原温泉 つかはらおんせん

2件 の用語解説(塚原温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部,由布市にある温泉。別府温泉由布院温泉の中間,標高 1045mの伽藍岳 (硫黄山) 中腹に位置する。一帯は赤茶けた露岩地帯が広がり,火山地帯独特の荒涼とした風景をみせている。泉質は硫黄泉。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区にある温泉。伽藍(がらん)岳の南西山腹、標高800メートルの高所にある。塚原高原、日出生(ひじゅう)台、由布岳の眺望がよい。源為朝(ためとも)が発見したと伝え、旅館設置は大正以後である。伽藍岳の爆裂火口内に広範囲に硫気孔があり、泉源となる。泉質は酸性泉。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塚原温泉の関連情報