コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚原温泉 つかはらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部,由布市にある温泉。別府温泉由布院温泉の中間,標高 1045mの伽藍岳 (硫黄山) 中腹に位置する。一帯は赤茶けた露岩地帯が広がり,火山地帯独特の荒涼とした風景をみせている。泉質硫黄泉泉温は 57~65℃。古くから皮膚病名湯として知られ,リウマチ,胃腸病,便秘などにも効能が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塚原温泉
つかはらおんせん

大分県中部、由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区にある温泉。伽藍(がらん)岳の南西山腹、標高800メートルの高所にある。塚原高原、日出生(ひじゅう)台、由布岳の眺望がよい。源為朝(ためとも)が発見したと伝え、旅館設置は大正以後である。伽藍岳の爆裂火口内に広範囲に硫気孔があり、泉源となる。泉質は酸性泉。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塚原温泉の関連キーワード湯布院[町]大分県由布市湯布院伽藍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android