コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄山 いおうざん

2件 の用語解説(硫黄山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫黄山
いおうざん

別称知床硫黄山。北海道北東部,知床半島の中央にそびえる円錐 (コニーデ) 形の火山。標高 1562m。斜里町に属する。千島火山帯の一部で,頂部に2つの爆発火口がある。このうち北側火口の火口壁上に噴出した円頂丘が最高点を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いおう‐ざん〔いわう‐〕【硫黄山】

北海道北東部、知床半島にある山。標高1562メートル羅臼(らうす)岳の北に位置する。知床硫黄山。
アトサヌプリ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の硫黄山の言及

【アトサヌプリ】より

…硫黄山ともいう。北海道東部,釧路支庁管内弟子屈(てしかが)町にある活火山。…

【知床半島】より

…東岸は根室海峡を隔てて国後(くなしり)島に相対する。新第三紀の堆積岩,火山角レキ岩,凝灰岩などを基盤とし,第四紀に噴出した海別(うなべつ)岳(1419m),遠音別(おんねべつ)岳(1331m),最高峰の羅臼岳(1661m),硫黄山(1563m),知床岳(1254m)などの知床連山と呼ばれる山脈が縦走し,半島の東岸と西岸の分水界をなす。硫黄山は頂部に北側に開いた馬蹄形の爆裂火口(径約1.2km)をもつ活火山で,明治期以降にも4回の噴火を繰り返し,1889年,1936年の噴火の際には北麓に多量の溶融硫黄を流出させた。…

※「硫黄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫黄山の関連キーワード知床五湖知床半島知床岬千島火山帯知床峠野付半島知床・らうすウトロ北海道斜里郡斜里町北海道目梨郡羅臼町知床岬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫黄山の関連情報