塚本重頼(読み)つかもと しげより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚本重頼 つかもと-しげより

1913-1992 昭和時代の裁判官,弁護士。
大正2年7月24日生まれ。判事を8年つとめ,昭和22年弁護士となる。母校中央大の教授もつとめた。昭和電工疑獄事件,造船疑獄事件などを担当。54年最高裁判事に就任するが,病気のため中途退官した。平成4年4月10日死去。78歳。岐阜県出身。著作に「英米法における名誉毀損の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android