コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩徒 えんとyan-tu; yen-t`u

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩徒
えんと
yan-tu; yen-t`u

中国において,専売下の塩の密貿易をした徒党。塩賊,塩梟ともいわれる。専売が行われると,消費価格は高騰し,かつ粗悪な塩を買わされることが多くなり,ここに密貿易が起った。塩徒は徒党を組み,武器をたくわえ,官軍と戦った。巨利を得,その経済力で乱を指導したり,またときには天子になる者すらあった。前者に唐末の黄巣 (→黄巣の乱 ) ,元末の張士誠らがあり,後者に五代前蜀の創立者王建,呉越王銭鏐 (せんりゅう) らがあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんと【塩徒 yán tú】

中国,塩の密売者の集団。塩梟(えんきよう),塩賊などとも呼ばれる。唐代,8世紀の後半以後,塩の専売制が実施され,とくに宋代になって厳重な刑罰をともなって精密な制度ができあがると,民衆は概して高価で粗悪な塩を強制されることになる。とりわけ揚州を中心にした淮南(わいなん)塩の販塩区に定められた湖南,江西などではその弊害がいちじるしかった。そこで厳しい法網をくぐって塩の密売者たちが活動することになる。江西省の南部などは地理的に広東に近く,密売塩の需要も大きかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩徒の関連キーワード塩法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android