コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩沢昌貞 しおざわまささだ

3件 の用語解説(塩沢昌貞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩沢昌貞
しおざわまささだ

[生]明治3(1870).10.20. 水戸
[没]1945.7.7. 伊東
経済学者。 1891年東京専門学校 (現早稲田大学) 英語政治科卒業後,アメリカドイツに留学。ベルリン大学では A.ワーグナーおよび G.シュモラーについて財政学と経済学を専攻。 1902~43年母校で経済学を講じ,この間 11年政治経済学科長,21年学長 (22年より総長と改称) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩沢昌貞 しおざわ-まささだ

1870-1945 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治3年10月20日生まれ。アメリカ,ドイツに留学後,早大で経済学をおしえ,大正12年同大学総長に就任。大隈重信知恵袋とよばれ,国際連盟協会国際会議の日本代表,協調会付属社会政策学院院長などをつとめた。昭和20年7月7日死去。76歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は関。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しおざわまささだ【塩沢昌貞】

1870‐1945(明治3‐昭和20)
経済学者。関恒昌の次男として茨城県に生まれ,のち塩沢元孝の養子となる。栗田寛について国漢学を修めたのち,早稲田大学の前身東京専門学校英語政治科に学び,1891年卒業。1896‐1900年アメリカのウィスコンシン大学に留学,R.T.イーリー指導下に経済学を専攻,ドクター・オブ・フィロソフィーの学位を得,さらに1901‐02年ドイツに留学,ハレ大学ではJ.コンラートにつき,またベルリン大学ではA.H.G.ワーグナーおよびG.シュモラーについて経済学と財政学を研究した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩沢昌貞の関連キーワード小泉信三行動経済学セリグマンカーネマン純粋経済学水府葉食料経済学関根友彦根岸隆池内 友次郎