塩野 義三郎(2代目)(読み)シオノ ギサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の実業家 塩野義製薬社長。



生年
明治14(1881)年11月15日

没年
昭和28(1953)年10月3日

出生地
大阪府大阪市道修町

旧姓(旧名)
塩野 正太郎

学歴〔年〕
大阪高商(現・大阪市立大学)〔明治35年〕卒

主な受賞名〔年〕
デミング賞(実施賞)〔昭和27年〕

経歴
父・初代義三郎の薬問屋・塩野義商店に入り、大正9年株式会社に改組、取締役となり、10年正太郎改め義三郎を襲名、社長となった。徒弟制度廃止新薬を発売、昭和18年塩野義製薬に改称した。戦後、23年から全社的な合理化に着手、27年には総合ビタミン剤のポポン錠(のちポポンS錠)を発売し知名度を高めた。日本医薬品配給統制会社社長、日本製薬団体連合会会長、医薬品販売協会会長、薬事振興会理事長、日本化学工業協会理事なども務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android