コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壇ノ浦の合戦 だんノうらのかっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壇ノ浦の合戦
だんノうらのかっせん

源平合戦(→治承の内乱)の一つ。元暦2(1185)年3月24日関門海峡の下関側にある壇ノ浦の沖合いで行なわれた戦い。四国の屋島を追われた平家軍勢は,豊後(大分県)に立ち寄り態勢を整えて壇ノ浦で源義経の軍勢を迎え撃った。合戦は初め平家に有利であったが,戦いの途中で潮流が変わり,流れに乗った源氏が攻撃に転じたため,平家の舟は自由を失って敗れた。義経が土地の古老に,干満の度合いや潮流の変わる時刻をたずね聞いて,戦いを勝利に導いたといわれる。この合戦の結果,安徳天皇をはじめ平家の一門は入水して果て,大将の平宗盛は捕えられ,平家は滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

防府市歴史用語集の解説

壇ノ浦の合戦

 1185年に下関市の壇ノ浦で源氏[げんじ]と平氏[へいし]が争った戦いのことです。平氏は香川県の屋島[やしま]で敗戦した後、下関市の彦島[ひこしま]にいましたが、それを源氏は追いかけ、壇ノ浦で戦いになりました。激しい戦いの末、平氏の多くが戦死し、安徳[あんとく]天皇も平清盛[たいらのきよもり]の妻(二位尼[にいのあま])に抱かれて入水し、平氏はほろびます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

だんのうらのかっせん【壇ノ浦の合戦】

1185年の長門壇浦における源平最後の合戦。平宗盛の率いる平家は源義経を総大将とする源氏の軍勢に敗北。安徳天皇は二位尼とともに入水、宗盛らは捕らえられて、平家一門は滅亡した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

壇ノ浦の合戦の関連キーワードヘイケガニ三種の神器源平合戦河野通経建礼門院屋島城平景清総大将平知盛先帝祭平盛国寂光院平教経祖谷治承宇久

壇ノ浦の合戦の関連情報