コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士別[市] しべつ

2件 の用語解説(士別[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

士別[市]【しべつ】

北海道中北部の市。1954年市制。天塩(てしお)川中流の名寄盆地南部から上流地域の山地一帯を占め,宗谷本線が通じる。川沿いの低地では米を多産するが,冷害を受けることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しべつ【士別[市]】

北海道北部,名寄盆地南部の中心都市。1954年士別町と上士別,多寄(たよろ),温根別(おんねべつ)3村が合体,市制。人口2万4293(1995)。1899年最後の屯田兵村が置かれ,99戸が入植して本格的開拓が始まった。産業の中心は農業で,天塩川流域一帯の盆地床は水田地帯である。丘陵地もよく開かれてジャガイモテンサイをはじめ多様な作物が作付けされている。1935年設立の日本甜菜製糖の工場は,道内で現在操業中の製糖工場の中では最も歴史が古く,ほかに乳業,製材などの工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

士別[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone