コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士別[市] しべつ

百科事典マイペディアの解説

士別[市]【しべつ】

北海道中北部の市。1954年市制。天塩(てしお)川中流の名寄盆地南部から上流地域の山地一帯を占め,宗谷本線が通じる。川沿い低地では米を多産するが,冷害を受けることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しべつ【士別[市]】

北海道北部,名寄盆地南部の中心都市。1954年士別町と上士別,多寄(たよろ),温根別(おんねべつ)3村が合体,市制。人口2万4293(1995)。1899年最後の屯田兵村が置かれ,99戸が入植して本格的開拓が始まった。産業の中心は農業で,天塩川流域一帯の盆地床は水田地帯である。丘陵地もよく開かれてジャガイモ,テンサイをはじめ多様な作物が作付けされている。1935年設立の日本甜菜製糖の工場は,道内で現在操業中の製糖工場の中では最も歴史が古く,ほかに乳業,製材などの工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

士別[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android