コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗谷本線 そうやほんせん

7件 の用語解説(宗谷本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗谷本線
そうやほんせん

旭川と稚内をつなぐ鉄道。 JR北海道。全長 259.4km。上川盆地名寄盆地から天塩川沿いに北行し,上サロベツ原野天塩平野幕別平野を通り終点に達する。その間,新旭川で石北本線,名寄では深名線に連絡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうや‐ほんせん【宗谷本線】

函館(はこだて)本線旭川から名寄を経て稚内に至るJR線。全長259.4キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宗谷本線【そうやほんせん】

旭川〜稚内(わっかない)間のJR線。営業キロ259.4km。北海道北部を縦貫し,上川盆地,名寄(なよろ)盆地,天塩(てしお)平野など天塩川流域を結ぶ。1903年北海道官設鉄道により旭川〜名寄間(天塩線)全通,1912年音威子府(おといねっぷ)まで延長,1922年音威子府〜稚内間は天北線(1989年廃線)を経由する路線として開通。
→関連項目稚内[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

宗谷本線

JR北海道が運行する鉄道路線。北海道旭川市の旭川駅から稚内市の稚内駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうやほんせん【宗谷本線】

函館本線旭川駅を起点とし日本の最北端の稚内駅に至る259.4kmのJR北海道の営業線。旭川から稚内に至る鉄道として計画され,1898年8月に永山まで,1903年9月には名寄まで開通したが,その後財政上の理由から工事は一時中断した。09年の工事再開にあたり,音威子府(おといねつぷ)以北は頓別(とんべつ)ルート(天北線。1989年廃止)をとることとし,22年11月に稚内まで開通した。一方,現在の宗谷本線の音威子府~幌延(ほろのべ)~稚内間は26年9月天塩(てしお)線として全通したが,稚内への連絡には頓別ルートに比べ約35km短縮となるなど有利な面が多く,30年4月幌延ルートを宗谷本線とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうやほんせん【宗谷本線】

JR 北海道の鉄道線。旭川・稚内間、259.4キロメートル。北海道北部を縦貫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗谷本線
そうやほんせん

北海道北部を走る北海道旅客鉄道の線路名称。旭川(あさひかわ)―幌延(ほろのべ)―稚内(わっかない)間259.4キロメートル。旭川―新旭川間3.7キロメートルのみ複線、旭川―北旭川(貨物駅)のみ交流電化。上川(かみかわ)盆地から塩狩(しおかり)峠を越えて天塩(てしお)川流域に入り、士別(しべつ)、名寄(なよろ)などの都市を経由して、北海道最北の港湾都市稚内に至る道北地方縦貫の鉄道。第二次世界大戦前は樺太(からふと)(サハリン)連絡の幹線としての役割を果たしたが、戦後はその機能を失ったため重要性が低下した。北海道官設鉄道天塩線(初代)として建設され、1898~1903年(明治31~36)旭川―名寄間を開業、さらに1911~1922年(明治44~大正11)名寄―浜頓別(はまとんべつ)―稚内(現、南稚内)間を開業した。この間、1912年宗谷線、1922年に宗谷本線と改称し、1928年(昭和3)稚内―稚内港(現、稚内)間を延長開業した。一方、天塩川沿いの音威子府(おといねっぷ)―幌延―稚内間の建設が天塩北線、同南線として1922年以降に開業し、1926年その全通とともに天塩線(2代)となったが、天塩川沿いのルートのほうが距離的にも短く、勾配(こうばい)も緩やかであるため、1930年にこれを宗谷本線とし、音威子府―浜頓別―稚内間を北見線(1961年、音威子府―南稚内間を天北(てんぽく)線と改称、1989年バスに転換)とした。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗谷本線の関連キーワード山陰本線石北本線千歳線東海道本線根室本線函館本線篠ノ井線外房線南武線勇駒別[温泉]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗谷本線の関連情報