コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名寄盆地 なよろぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名寄盆地
なよろぼんち

北海道北部,天塩川の上流部にある盆地。東西約 10km,南北約 80km。東側は北見山地,西側は天塩山地,南側は低い塩狩峠上川盆地と区切られる。盆地床は標高 100~150m。気候は内陸性で,気温の日較差年較差が大きい。特に年較差は 30℃をこえ,年降水量は約 1100mm。低地では米作,周辺の丘陵地ではジャガイモテンサイなどの畑作酪農が盛ん。中心都市は名寄市士別市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なよろ‐ぼんち【名寄盆地】

北海道北部にある盆地。南北80キロメートル、東西10キロメートルの南北に細長い盆地。中央低地帯に属し、中心は名寄市。製材・酪農が盛ん。北海道でも特に寒さが厳しい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

名寄盆地【なよろぼんち】

北海道北部,天塩川上流の盆地。面積約260km2。米作の北限界に近く,冷害を受けることが多い。ジャガイモ,テンサイ,大豆,野菜なども産し,農林産物を原料とする加工業も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なよろぼんち【名寄盆地】

北海道北部,天塩川上流部にある盆地。天塩山地北見山地にはさまれて南北に細長く,智恵文(ちえぶん)丘陵以北の美深(びふか)盆地,名寄市街のある狭義の名寄盆地,士別丘陵以南の士別市街のある剣淵盆地に三分される。盆地の標高は100~160m。開拓は,天塩川をさかのぼって入植が行われた1897年以降で,99年士別に1村,剣淵に2村の屯田兵村が設けられ,1903年に旭川からの鉄道が名寄まで延長されてしだいに発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕名寄盆地(なよろぼんち)


北海道北部、北見(きたみ)山地と天塩(てしお)山地に挟まれた盆地。天塩川上流域を占め、南北に細長く延びる。盆地床の標高約90~160m。北部は稲作北限地。酪農・畜産とテンサイ・ジャガイモ栽培、農産物加工業が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名寄盆地
なよろぼんち

北海道中央部北寄りに位置し、天塩(てしお)川上流域に開ける盆地。東の北見山地、西の天塩山地の間に南北に長く横たわり、構造的には北の頓別(とんべつ)低地、南の上川(かみかわ)盆地に連なって北海道中央部を南北に走る低地帯の一角を形成している。盆地床の標高は100~160メートル、天塩川が剣淵(けんぶち)川、名寄川などの諸支流を集めて北流し、その河岸段丘が智恵文(ちえぶん)と士別付近で台地状に張り出して、北から美深(びふか)盆地、狭義の名寄盆地、剣淵盆地に区分することができる。寒暖差の著しい内陸的気候を示し、冬は上川盆地とともに道内低地ではもっとも低温となる。盆地床は大正期に造田が進み、剣淵盆地は泥炭地であったが、第二次世界大戦後に土地改良が進み、美深盆地は水稲の北限地となっている。林業地帯を控えて木材関連工業が立地している。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名寄盆地の関連キーワード音威子府(村)音威子府[村]北海道名寄市上川(支庁)剣淵[町]和寒[町]風連[町]美深[町]美深(町)朝日[町]剣淵(町)士別(市)士別[市]下川(町)和寒(町)名寄(市)名寄[市]岡本次郎宗谷本線剣淵町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android