外財(読み)げざい

世界大百科事典 第2版の解説

げざい【外財】

仏教語の内財(ないざい)に対する語で,人間の身体の外の財産をさす。平安時代,内財は本来の,自分の身体の肉のと異なり,〈内財雑物〉〈内財物〉のように,家宅の中の財物の意味で広く用いられている。一方,外財も,〈外材細工等の類〉〈道の細々外才の〉〈道々外才人〉〈供御人役は外才に付する課役なり〉などの用例が示すように,外材,外才とも書かれ,道々の細工などの手工業者から,傀儡(くぐつ)のような芸能民を含む〈職人〉にかかわる語として使用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android