コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩動物公園 たまどうぶつこうえん

7件 の用語解説(多摩動物公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多摩動物公園
たまどうぶつこうえん

東京都日野市にある都立の動物園。多摩丘陵のほぼ中央に位置し,面積約 46万 7000m2。 1958年5月5日開園。丘陵地を利用した園内は,動物の自然のままの生態がみられるように設計されているのが特徴で,61年に開設された昆虫園は世界一の規模をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

多摩動物公園

開園は午前9時半から午後5時。休園は水曜日(祝日の場合は翌日)。ただし今月30日は開園する。入園料は一般600円、小学生以下無料、中学生200円、65歳以上300円。ライオンバスの運行は午前10時から午後4時。料金は一般360円、3歳から中学生、65歳以上100円。042・591・1611。

(2016-03-11 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たま‐どうぶつこうえん〔‐ドウブツコウヱン〕【多摩動物公園】

東京都日野市にある都営の自然動物公園。昭和33年(1958)開園。丘陵の自然を生かした放し飼い方式や、大規模な昆虫館などを特徴とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

多摩動物公園【たまどうぶつこうえん】

東京都日野市にある動物園。上野動物園に次ぐ都立の第2動物園で,1958年開園。都立多摩自然公園のほぼ中央に位置し,サファリ型動物園の原型となった自然放養式が特徴で,最初はインドサイ,インドゾウ,マレーバクなどアジアの動物を集めたが,その後ライオン,シマウマキリンなどアフリカの動物,1984年からはオーストラリアコアラも飼育されている。
→関連項目サファリ動物園日野[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

多摩動物公園

東京都日野市にある動物園。1958年5月オープン。多摩丘陵に広がる約52.3haの敷地内に、ライオン、コアラやカンガルーオランウータンなどの動物を無柵放養式で飼育・展示する。昆虫館もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまどうぶつこうえん【多摩動物公園】

東京都日野市にある東京都立の動物園。市街地の限られた場所に多くの動物を展示する都市動物園に対して,無柵放養式で生態的展示法を採用した日本初の動物園。檻(おり)による動物飼育の発展として放飼場の周囲に堀をめぐらして脱出を防ぎ,動物の生息環境を見せる形式は欧米では部分的に以前からあった。この様式を当初からとり入れ,しかも動物舎を動物地理学的に配置するなど新しい発想を現実化して1958年5月開園。多摩丘陵の自然を生かし公園としての機能ももつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多摩動物公園
たまどうぶつこうえん

正式名称は東京都多摩動物公園といい、日野市にあり、都が経営する。上野動物園(正式名は東京都恩賜上野動物園)の付属動物園として1958年(昭和33)5月5日に開園したが、65年より昇格し、上野動物園と同格となった。同園の設立目的は、従来よりの上野動物園の入園者の過密を緩和すること、また、日本にはみられなかった新しい動物園を創造するところにあり、1956年より建設を始め、2年後に開園したものである。上野動物園は第二次世界大戦後にいち早く郊外に動物園の土地を求め、1948年に新宿動物園構想を打ち出したが実現せず、この構想が多摩動物公園の基になっている。新しい動物園を目ざした同園は、その建設にあたり無柵(むさく)放養式の形態をふんだんに取り入れ、28.7ヘクタールの土地に、アジア産の動物をおもに飼育展示し開園した。その後、アフリカ産の動物を展示するアフリカ園が62年に加えられ、面積52.4ヘクタールの現在の形態となった。施設的には、1961年に昆虫の飼育にも取り組む昆虫園、64年にサファリ形式のライオン園、84年にオーストラリア産の動物を飼育するコアラ館が完成している。2002年(平成14)には昆虫園本館がリニューアルオープンし、ハキリアリなどの外国産昆虫の飼育展示も本格的に行われるようになった。2003年現在、飼育動物170種1394点のほかに常時80種ほどの昆虫類が飼育されている。[齋藤 勝]
『東京都多摩動物公園編・刊『開園20周年 多摩動物公園』(1979) ▽中川志郎著『多摩動物公園』(1981・東京都公園協会) ▽矢島稔編著『昆虫の国 多摩動物公園昆虫生態園をつくる』(1990・けやき出版) ▽東京動物園協会監修『多摩動物公園ガイドブック』(1990・東京動物園協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の多摩動物公園の言及

【インセクタリウム】より

…しかし本格的なものは1954年宝塚昆虫館に設けられ,つづいて57年豊島園にもできた。61年には多摩動物公園に当初から生態展示を目的とした施設ができ,温室の中で一年中チョウを飛ばす技術の開発に成功し,新しい展示法の実現によって,多くの人に昆虫に親しみ,自然を知る機会を与えるという点で大きな役割を果たしている。なお,97年現在,国内に約30の施設がある。…

※「多摩動物公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多摩動物公園の関連キーワード東京都日野市石田東京都日野市落川東京都日野市栄町東京都日野市神明東京都日野市日野東京都日野市日野本町東京都日野市平山東京都日野市程久保東京都日野市宮東京都日野市百草

多摩動物公園の関連情報