日野市(読み)ひの

  • ひのし
  • 日野〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都西部,多摩川の南岸にある市。 1958年日野町と七生 (ななお) 村が合体,63年市制。地名には諸説があり,武蔵七党の1つ,西党の日野 (日奉〈ひまつり〉) 宗頼が居住していたことによるなどといわれる。江戸時代までは甲州街道宿場町。昭和期に入ってからは武蔵野台地に自動車,電気機器,フィルム,時計,乳業などの製造工場が立地,都内有数の内陸工業都市となっている。第2次世界大戦後は多摩平団地など大規模な宅地化が進められた。浅川流域では野菜などの栽培が行われる。百草園多摩動物公園高幡不動尊などがあり,市域南部は多摩丘陵都立自然公園に属する。 JR中央線,京王電鉄京王線,動物園線,国道 20号線が通る。面積 27.55km2。人口 18万6283(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日野市の関連情報