コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多武峯少将物語 とうのみねしょうしょうものがたり

2件 の用語解説(多武峯少将物語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多武峯少将物語【とうのみねしょうしょうものがたり】

961年に若くして出家した藤原高光が,翌年多武峰に草庵を営むまでを,彼の妻や妹の嘆きを中心に描いた作品。高光は右大臣藤原師輔の八男,母は醍醐天皇皇子雅子。出家後は多武峰にこもって増賀上人について修行し,多武峯上人と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多武峯少将物語
とうのみねのしょうしょうものがたり

平安中期、10世紀後半の仮名文学。伝本の多くは「多武峯少将」とする。「物語」を書名に添えるのは江戸時代に入ってからである。『高光(たかみつ)日記』ともよばれるが、『河海(かかい)抄』(『源氏物語』の注釈書。14世紀)などに引く『高光日記』と同一かどうかについては説が分かれる。藤原師輔(もろすけ)の八男高光(法名如覚(にょかく))が961年(応和1)12月、比叡(ひえい)山の横川(よかわ)で出家した事件を背景に、彼の出家前後から翌年8月に多武峯に移る以前までを、残された高光妻(藤原師氏の娘)や、高光同母妹の愛宮(あいみや)などの悲しみを中心に記している。作中の人物の呼称は正確で、高光らには敬語が用いられており、作者は高光妻に仕え、愛宮にも親しい侍女かと思われる。成立も962年ごろであろう。『蜻蛉(かげろう)日記』にやや先だつ、女流による仮名散文作品で、文章表現も初期仮名散文の特徴を備えている。作者自身の心情の吐露はきわめて少ないが、平安女流文学の形成をたどる意味で貴重である。[鈴木一雄]
『玉井幸助著『多武峯少将物語――本文批判と解釈』(1960・塙書房) ▽小久保崇明著『多武峯少将物語――本文及び総索引』(1972・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多武峯少将物語の関連キーワード多武峰少将物語本朝世紀高光る西法平時範藤原生子藤原暁子藤原定頼母藤原高光藤原高能

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone