コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多武峯少将物語(読み)とうのみねしょうしょうものがたり

百科事典マイペディアの解説

多武峯少将物語【とうのみねしょうしょうものがたり】

961年に若くして出家した藤原高光が,翌年多武峰に草庵を営むまでを,彼の妻や妹の嘆きを中心に描いた作品。高光は右大臣藤原師輔の八男,母は醍醐天皇皇子雅子。出家後は多武峰にこもって増賀上人について修行し,多武峯上人と呼ばれた。歌人としても名高く,三十六歌仙の一人。この作品も和歌の贈答が主体となっており,物語とも日記とも見ることができる。960年代後半に,高光の妻に近い立場の者の手によって書かれたかと思われるが,作者は不詳。単に《多武峯少将》とも,また《高光日記》ともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多武峯少将物語
とうのみねのしょうしょうものがたり

平安中期、10世紀後半の仮名文学。伝本の多くは「多武峯少将」とする。「物語」を書名に添えるのは江戸時代に入ってからである。『高光(たかみつ)日記』ともよばれるが、『河海(かかい)抄』(『源氏物語』の注釈書。14世紀)などに引く『高光日記』と同一かどうかについては説が分かれる。藤原師輔(もろすけ)の八男高光(法名如覚(にょかく))が961年(応和1)12月、比叡(ひえい)山の横川(よかわ)で出家した事件を背景に、彼の出家前後から翌年8月に多武峯に移る以前までを、残された高光妻(藤原師氏の娘)や、高光同母妹の愛宮(あいみや)などの悲しみを中心に記している。作中の人物の呼称は正確で、高光らには敬語が用いられており、作者は高光妻に仕え、愛宮にも親しい侍女かと思われる。成立も962年ごろであろう。『蜻蛉(かげろう)日記』にやや先だつ、女流による仮名散文作品で、文章表現も初期仮名散文の特徴を備えている。作者自身の心情の吐露はきわめて少ないが、平安女流文学の形成をたどる意味で貴重である。[鈴木一雄]
『玉井幸助著『多武峯少将物語――本文批判と解釈』(1960・塙書房) ▽小久保崇明著『多武峯少将物語――本文及び総索引』(1972・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android