コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊楽院 ぶらくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊楽院
ぶらくいん

平安京大内裏朝堂院 (→八省院 ) の西の宮殿。朝堂院とともに大陸風の建築。大嘗 (おおにえ) 祭,節会射礼 (じゃらい) ,競馬,相撲などが行われ,いわば天皇の宴会所であった (史料に「天子宴会所」などとみえる) 。正殿を豊楽殿,正門を豊楽門といい,後房清暑堂ほか8堂,2楼をもつ。 11世紀なかば,後冷泉天皇の頃に焼失。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶらくいん【豊楽院】

平安宮における国家的な饗宴を行う殿堂。〈豊楽〉は〈とよのあかり〉とよみ,宴会の意。《西宮記》は〈天子宴会所〉と説明する。正月恒例の元日・白馬(あおうま)・踏歌・射礼(じやらい)・賭弓(のりゆみ)などの節会の宴,新嘗祭・大嘗祭の宴,外国使節の歓迎の宴などを行った。これらの饗宴のいくつかは9世紀後半以降紫宸殿で行われるようになる。朝堂院の西側に所在し,四周に築地をめぐらす。内部の構造は基本的に朝堂院と同じで,北部中央に天皇の出御する正殿の豊楽殿,その後ろに後殿の清暑堂,前庭の東西に諸臣の着座する顕陽・観徳堂,承歓・明義堂の4朝堂を配し,南面に回廊を通じて儀鸞門を開き,さらにその南の東西に朝堂院における朝集殿に相当する延英・招俊の2堂をおき,南面築地に豊楽門を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶらくいん【豊楽院】

平安京大内裏の南西部にある宮殿。節会せちえ・大嘗会だいじようえなどを行う所。正殿を豊楽殿という。 → 大内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊楽院
ぶらくいん

平安宮大内裏(だいだいり)の南部、朝堂院の西にある、朝廷の宴(うたげ)の場。大嘗会(だいじょうえ)、節会(せちえ)、賜宴、饗宴(きょうえん)、射礼(じゃらい)などの場となった。800年(延暦19)ころ建設されており、『今昔物語集』には、豊楽院は飛騨(ひだ)の工(たくみ)が建てたのだからすばらしいものにちがいないと書かれている。東西56丈(約170メートル)、南北136丈4尺(約413メートル)の広大な敷地の四方を築垣(ついがき)で囲み、南にある豊楽門など八門が開く。配置は、北に正殿の豊楽殿、その後方に清暑(せいしょ)堂、東西に並ぶ東華(とうか)堂・西華(せいか)堂以下の堂と楼が並び、南中央に儀鸞門(ぎらんもん)があり廊で結ばれている。
 豊楽殿はもと乾臨閣(けんりんかく)といったが、神泉苑(しんせんえん)の正殿にこの名をつけたため改名された。東西九間、南北二間の母屋(もや)の四面に廂(ひさし)がある南向きの建物である。母屋中央に高御座(たかみくら)を置いた土壇があり、儀式のときには東西に皇太子・皇后の座を設けた。やがて朝廷の活動が内裏中心になるにつれて使用されなくなり、『大鏡』によれば10世紀には胆試(きもだめ)しの場となるほど、荒廃してしまったという。1063年(康平6)全焼してからは再建されることもなかった。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊楽院の関連キーワード元日節会(がんにちのせちえ)新嘗祭(にいなめのまつり)豊明節会大内裏図高階業遠葛井親王平安宮跡飛騨工高陽門平安宮栖霞楼不老門霽景楼叙位

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊楽院の関連情報