コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜間放射 やかんほうしゃ

2件 の用語解説(夜間放射の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

夜間放射【やかんほうしゃ】

地表面がその温度に応じて上空に放射している地面放射から,大気から地面への逆放射を引いた差。後者は前者の放射量の1/2〜1/4程度。地面放射のエネルギーの最大は波長10μm付近にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やかんほうしゃ【夜間放射 nocturnal radiation】

地表はその温度に応じて赤外線を放射するとともに,大気中の気体や雲からの赤外放射を受けとり,その差だけ冷えこむ。この差を夜間放射あるいは有効地球放射という。地表からの放射は黒体放射とみなされ,シュテファン=ボルツマンの法則によって,地表面温度の4乗に比例する放射が地表から放出される。一方,大気中の水蒸気二酸化炭素,雲なども赤外線を放出し,その大部分は地表に達するが,地表では差し引き熱を失う。日中も放射はあるが,日射のない夜間に明瞭になるので夜間放射という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の夜間放射の言及

【大気放射】より

…すなわち,地表面からは黒体放射で熱を失うが,大気中の気体や雲からの逆放射を受け取るので,実質はその差だけの放射エネルギーを失う。これを夜間放射という。夜間放射は大気から地球に向かう下向き放射が大きいときに小さくなる。…

※「夜間放射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夜間放射の関連キーワード赤外線電球赤外線天文学熱放射赤外線銀河赤外線フィルム放射熱赤外線療法赤外線加熱赤外線灯赤外線分光光度計

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone