コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢判断 ユメハンダン

デジタル大辞泉の解説

ゆめ‐はんだん【夢判断】

夢判じ」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆめはんだん【夢判断 Die Traumdeutung】

S.フロイトの不朽の業績の一つで,1900年に刊行された著作。当時,夢は無意味な現象として,まじめな研究の対象とされなかったが,フロイトは夢こそ無意識の世界に至る王道と考え,多くの夢を集めて,夢の意味とそれが生まれる機制を探求した。そしてわれわれの見る夢(顕在夢)は,抑圧された無意識的願望(潜在する夢思考)が,自我の検閲によってさまざまに歪曲され,象徴化されて現れた代理物にほかならないことを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆめはんだん【夢判断】

見た夢によって吉凶を判断すること。夢判じ。
精神分析で、見た夢を分析・解釈して、精神状態などを知る手がかりとすること。

ゆめはんだん【夢判断】

心理学書。フロイト著。1900年刊。夢を、抑圧された願望の隠された表現ととらえ、自由連想法によりこれを分析・解釈する精神分析学の基本的立場を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の夢判断の言及

【象徴】より

…なかでも,S.フロイト,C.G.ユングを代表とする精神分析,深層心理学の業績はそれ以後の象徴研究に大きな影響を与えた。 フロイトは《夢判断》(1900)のなかで,(1)の象徴では,特定の表象(蛇,杖など)によって別の表象(ペニス)が置き換えられる。(2)その両表象間の関係は現実的なものではなく内的な連想関係に基づく。…

【フロイト】より

…この〈フリース期〉において,フロイトは自己の理論の展開に対する体験的基盤を獲得したといえる。
[理論と技法の深化]
 フリースへの傾倒の終焉(しゆうえん)のさなかに書かれた大著《夢判断》(1900)には,自己分析に終始したこのフリース体験が生かされている。フロイト自身,夢は一種の可逆的な精神病であると述べているが,夢の象徴や夢の形成理論は,当時のチューリヒ学派(E.ブロイラーとC.G.ユング)によって,精神分裂病の理解のための有力な武器とされた。…

【夢】より

…しかし,近代以降合理精神が普及するにつれ,一般に夢は日常生活とはほとんど関係のない幻想であり,非合理的で意味のないものとして,長くその意義は少なくとも表面上は忘れられていた。 夢の意味は,1900年に公刊されたS.フロイトの《夢判断》という著書により,心の深層を表すものとして再発見された。フロイトによれば,夢は日常の意識が低下した時に心の深層から現れる無意識的な願望の充足であって,意識が受け入れようとしなかった過去の抑圧された願望内容を暗示するものである。…

※「夢判断」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夢判断の関連情報