大仁温泉(読み)おおひとおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大仁温泉
おおひとおんせん

静岡県東部、伊豆の国市大仁にある温泉。伊豆半島のほぼ中央、狩野川(かのがわ)中流に位置する。1949年(昭和24)に発見された。富士、箱根連山を望み、眼前の狩野川はアユ釣場として知られる。泉質は単純温泉。近くに伊豆洋らんパークや、ハイキングによい城(じょう)山などがある。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android