コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏宣時 おさらぎ のぶとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏宣時 おさらぎ-のぶとき

1238-1323 鎌倉時代の武将。
暦仁(りゃくにん)元年生まれ。大仏(北条)朝直(ともなお)の子。武蔵守(むさしのかみ),評定衆をへて,建治(けんじ)3年引付頭。弘安(こうあん)10年連署となり,執権北条貞時を補佐した。のち陸奥守(むつのかみ)に転じた。正安(しょうあん)3年連署を辞任し,出家。歌人としても知られた。元亨(げんこう)3年6月30日死去。86歳。通称は武蔵五郎。初名は時忠(ときただ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大仏宣時

没年:元亨3.6.30(1323.8.2)
生年:暦仁1(1238)
鎌倉後期の武士。北条朝直の子。文永2(1265)年に引付衆,10年に評定衆となり,弘安7(1284)年に北条貞時が執権になると,10年間にわたりそれを補佐する連署となる。また佐渡,遠江の守護としても鎌倉幕府の体制を支えた。やがて正安3(1301)年に貞時が執権をやめると,同じく連署を辞して出家。法名は忍照。その後は京に出たのであろう。吉田(卜部)兼好とも親交があって,北条時頼の昔話を伝えており,『徒然草』にその話が載る。

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大仏宣時の関連キーワード北条時村大仏宗宣鎌倉時代北条宣時遠江国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android