コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大典会通 たいてんかいつうTac-jǒn-hö-thong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大典会通
たいてんかいつう
Tac-jǒn-hö-thong

朝鮮,李朝末期の法典。趙斗淳らの編纂。6巻。李太王2 (1865) 年成立。李朝の基本法典である『経国法典』 (1485) が刊行されて以来,これを補足する諸法典が次々と編纂されたが,この法典は李朝 500年間の各般法令をすべて収録したもの。李朝最後の法典で,この時代の法制を知るに不可欠の資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいてんかいつう【大典会通】

朝鮮,李朝末期の法典。1865年,大院君政権時代に高宗の命令によって編纂された。《経国大典》以来の李朝の法典を集大成しており,《経国大典》(1485完成)を原,《続大典》(1744)を続,《大典通編》(1785)を増,《大典通編》以後の追補を補で示している。吏(官吏の職分),戸(戸籍,土地制度,税制),礼(儀礼,教育,科挙),兵(軍制),刑(刑法),工(土木,営繕,工業)に分けられ,それぞれについての統治規範ならびに制度の基本構造を定めるとともに,その歴史的変遷がわかるように構成されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大典会通の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)会典・会典事例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android