コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大刀洗町 たちあらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大刀洗〔町〕
たちあらい

福岡県南部,筑後川中流右岸にある町。 1955年大堰 (おおぜき) ,本郷 (ほんごう) ,大刀洗の3村が合体して町制。筑前と筑後の境界に位置し,南北朝時代の古戦場にあたり,菊池武光が刀を洗ったところと伝えられる。 1920年に旧陸軍大刀洗飛行場が設けられたが,第2次世界大戦後に農地化された。米作,コムギオオムギ,野菜の栽培を行うほか,養豚,養鶏も増加し,食肉加工場もある。史跡の下高橋官衙遺跡や大刀洗公園,隠れキリシタンの今村天主堂,古刹の西光寺などがある。面積 22.84km2。人口 1万5138(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大刀洗町の関連キーワード福岡県三井郡大刀洗町下高橋福岡県三井郡大刀洗町上高橋福岡県三井郡大刀洗町本郷福岡県三井郡大刀洗町中川福岡県三井郡大刀洗町高樋福岡県三井郡大刀洗町菅野福岡県三井郡大刀洗町春日福岡県三井郡大刀洗町鵜木福岡県三井郡大刀洗町栄田福岡県三井郡大刀洗町西原福岡県三井郡大刀洗町山隈福岡県三井郡大刀洗町甲条福岡県三井郡大刀洗町守部福岡県三井郡大刀洗町冨多福岡県三井郡大刀洗町三川現金輸送車乗り逃げ事件福岡県三井郡大刀洗町今大刀洗町の要覧福岡県三井郡大刀洗飛行場

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大刀洗町の関連情報