コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂独吟集 オオサカドクギンシュウ

4件 の用語解説(大坂独吟集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおさかどくぎんしゅう〔おほさかドクギンシフ〕【大坂独吟集】

江戸前期の俳諧集。2巻。延宝3年(1675)刊。上方談林(だんりん)九人の100韻10編を集め、西山宗因の評語を加えたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおざかどくぎんしゅう【大坂独吟集】

俳諧の連句集。編者未詳。1675年(延宝3)刊。幾音,素玄,三昌,意楽,鶴永(西鶴),由平,未学,悦春,重安,以上9人の大坂俳人による独吟百韻巻(由平のみ2巻)に,西山宗因(そういん)が加点し判詞を加えた書。各百韻の成立年次は,1667‐74年の8年間に及び,宗因の加点時期もそれに応じてばらばらで,中にはすでに単行本として流布していたものもある。このことは,本書が,大坂俳壇の興隆と宗因の名声に着目した何者かによって,合綴編集され,板式(はんしき)を改めて刊行されたものであることを物語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおさかどくぎんしゅう【大坂独吟集】

俳諧集。二巻。1675年刊。西山宗因門下の俳人、幾音・素玄・三昌・意楽・鶴永(西鶴)・由平・未学・悦春・重安の九人による独吟百韻十巻を収めたもの。各巻に宗因の批点を付す。大坂談林風の代表的な書。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂独吟集
おおさかどくぎんしゅう

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。1675年(延宝3)刊。上下2巻。編者未詳。西山宗因(そういん)が評点を施した、幾音(きおん)、素玄(そげん)、三昌(さんしょう)、意楽(いらく)、鶴永(西鶴(さいかく))、由平(よしひら)、未学(みがく)、悦春(えつしゅん)、重安(じゅうあん)ら大坂俳人9人の独吟百韻10巻(由平のみ2巻)を収める。制作・批点の時期は各巻ばらばらで、なかには既刊の作品も混じるから、既成のものの寄せ集めと考えられ、題簽(だいせん)にうたう「西山宗因点取(てんとり)」の文字から、宗因の人気に便乗した出版物とわかるが、おのずから談林(だんりん)教書的な意義を帯びていたため、新風を好む人々に広く永く読まれた。[乾 裕幸]
『飯田正一他校注『古典俳文学大系3 談林俳諧集 1』(1971・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone