コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚敬節 おおつか よしのり

2件 の用語解説(大塚敬節の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚敬節 おおつか-よしのり

1900-1980 昭和時代の漢方医学者。
明治33年2月25日生まれ。熊本医専(現熊本大医学部)卒業後,郷里の高知市で開業。昭和5年上京して湯本求真にまなび,翌年漢方医院をひらく。9年日本漢方医学会を設立,48年北里研究所付属東洋医学総合研究所を創設し,所長となる。東洋医学の研究と普及につくした。「大塚敬節著作集」がある。昭和55年10月15日死去。80歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塚敬節
おおつかよしのり
(1900―1980)

医師、漢方医学研究者。漢方復興運動の指導者の一人。高知市追手筋(おうてすじ)に、医師恵迪(よしみち)、宮の二男として生まれる。1923年(大正12)熊本医学専門学校を卒業、父の業を継ぎ内科を開業。1924年松木福栄と結婚。1927年(昭和2)ごろより漢方に関心を抱き、1930年上京して湯本求真(1876―1941)に師事し、翌1931年東京市牛込(うしごめ)区に開業。1945年戦災にあい転居するが、1955年(昭和30)新宿区三栄町に移り、同所で没した。東洋医学関係の諸団体を指導したが、1973年6月、北里(きたさと)研究所附属東洋医学総合研究所設立にあたり、初代所長となる。『大塚敬節著作集』(全8巻)のほか、東洋医学、医史学関係の著書・論文が多い。[大塚恭男]
『『大塚敬節著作集』8巻・別巻1(1980~1982・春陽堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大塚敬節の関連キーワード東洋医学湯本求真漢方医皇漢医学雑方家安西安周河内全節矢数道明温知社漢方医学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone