コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塩(読み)おおしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塩
おおしお

兵庫県南部,姫路市南東部の集落。旧町名。 1959年姫路市に編入。古くから塩どころとして知られ,その始りは平安の昔といわれるが,盛んになったのは江戸時代中期。赤穂に次ぐ広い塩田があったが,イオン交換法による化学的製塩時代を迎え,1960年代後半に姿を消した。大塩神社の秋祭獅子舞,県花ノジギクの原生地で有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塩
おおしお

兵庫県南部、姫路市の一地区。旧大塩町。大河の流入のない波静かな海岸は塩田の適地で、瀬戸内製塩地帯の東端にあたっていた。当地の製塩業は、天保(てんぽう)年間(1830~1844)の干拓化で始まったといわれ、兵庫県下では赤穂(あこう)とともに中心であったが、1971年(昭和46)に塩田の整理で姿を消した。山陽電鉄本線大塩駅があり、国道250号が通じる。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塩の関連情報