コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大室古墳群 おおむろこふんぐん

1件 の用語解説(大室古墳群の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

おおむろこふんぐん【大室古墳群】


長野県長野市松代町にある古墳群。長野市街の南東約6km、千曲(ちくま)川南側の丘陵から派生する3つの尾根上と、それに挟まれた2つの谷に立地する。標高は350~700m、約2.5km2の範囲に帯状に分布し、5世紀前半~8世紀に築かれた総数約500基の古墳群である。古墳群は西から金井山、北谷、霞城(かじょう)、大室谷(おおむろだに)、北山の大小5つの支群に分かれている。古墳群には盛り土による前方後円墳が1基あり、そのほかに土石混合墳も見られるが、約330基が石を積み上げた積み石塚古墳である。積み石塚の墳形はほとんどが直径10mほどの円墳だが、日本ではきわめて珍しい積み石塚が、これほど多く密集する古墳群はほかに存在しない。そして、合掌形石室と呼ぶ特異な構造を備えたものが約40基あり、石室の天井部に板状の石を三角形の切り妻屋根のように組み合わせた合掌形石室は、全国でも珍しく大室古墳群の特徴となっている。出土遺物は土師器(はじき)や須恵器(すえき)、珠文鏡、短甲、馬具、刀子(とうす)、玉類、馬骨などで、なかでも馬具が多いのが特色といえる。馬骨は頭骨だけで、横穴式石室の前庭部に多量の土師器や須恵器と一緒に埋納されていた。このように大室古墳群は日本最大の積み石塚古墳群として重要であることから、大室谷支群の主要部分が1997年(平成9)に国の史跡に指定された。積み石塚は高句麗(こうくり)の墓制と、合掌形石室は百済(くだら)の墓制と関係があるとする説もある。長野電鉄屋代(やしろ)線大室駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大室古墳群の言及

【積石塚】より

…ここでは石清尾山に産出する安山岩の石塊を利用して,竪穴式石室を包蔵する比較的大規模な前方後円墳,双方中円墳や円墳・方墳状の小形積石塚など,4,5世紀ごろの積石塚が30基前後知られている。中部地方の長野市の大室古墳群も著名で,奇妙山の山麓に,7世紀ごろの小規模な積石塚の横穴式石室墳が500基ほど報告されている。中国地方では,山口県萩市の見島ジーコンボ古墳群が知られており,島の礫浜堤に,横穴式石室系統と箱式石棺に近い形のものを埋葬施設とする小型の積石塚が,築造当時で推定約200基築かれている。…

※「大室古墳群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大室古墳群の関連キーワード長野県長野市松代町岩野長野県長野市松代町大室長野県長野市松代町小島田長野県長野市松代町清野長野県長野市松代町柴長野県長野市松代町城東長野県長野市松代町城北長野県長野市松代町豊栄長野県長野市松代町東条長野県長野市松代町牧島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大室古墳群の関連情報