大岡政談物(読み)おおおかせいだんもの

世界大百科事典 第2版の解説

おおおかせいだんもの【大岡政談物】

歌舞伎,講談人情噺浪花節などで江戸南町奉行大岡越前守が登場する作品群をいう。大岡忠相は,享保年間(1716‐36)に町奉行をつとめ,名奉行の聞こえ高かった人物。幕末から明治にかけて実録本《大岡仁政録》その他の読物から,講談,人情噺が創作され,大岡越前守にはまるで関係のない物語(たとえば天一坊事件は大岡越前守ではなく,伊奈半左衛門が審議をした)もすべて大岡越前守の裁判として,膨大な作品群を形成するに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる