コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇音々大岡政談 おうぎびょうしおおおかせいだん

1件 の用語解説(扇音々大岡政談の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうぎびょうしおおおかせいだん【扇音々大岡政談】

歌舞伎狂言。世話物河竹黙阿弥作。1875年(明治8)1月28日から東京新富座で,大岡越前守を5世坂東彦三郎,天一坊を5世尾上菊五郎山内伊賀亮を初世市川左団次によって初演。享保年間(1716‐36),南品川の山伏常楽院方に寄寓する源氏坊天一という者が,時の将軍8代吉宗の落胤と名乗って,浪人を集め,人々から金を集めた。代官伊奈半左衛門取調べの結果,贋者と判明,梟首になったという。この事件は,大岡越前守と結びつけられ,〈大岡仁政録〉の一つになり,講談師神田伯山《天一坊大岡政談》として連夜読みつぎ,大ヒットした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

扇音々大岡政談の関連キーワードHIROHITO防衛施設庁談合フリーター埋蔵金違法賭博COP13IMFLTEアドバンスト泡瀬干潟中日本高速道路

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone