コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島海峡 おおしまかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島海峡
おおしまかいきょう

鹿児島県南部,奄美大島南部の本島と加計呂麻島との間の海峡。幅2~5km。周辺の地形は沈降海岸で大小多数の湾入があり,風光よく奄美群島国定公園に属する。東岸南部にある瀬戸内町古仁屋港は奄美大島の南の玄関。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおしまかいきょう【大島海峡】

鹿児島県南部,奄美大島本島とその南西部にある加計呂麻島との間にある長さ約20km,幅約2kmの海峡。瀬戸内とも呼ばれる。沿岸は山が海峡に迫り,屈曲に富むリアス海岸で風光に優れ,奄美群島国定公園の中心部となっている。特にサンゴ礁の景観はすばらしく,海中公園に指定されている。ただ沿岸の産業は見るべきものがなく,一部に真珠養殖が行われるだけであるが,台風の避難港としての利用が多い。大島郡瀬戸内町に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕大島海峡(おおしまかいきょう)


鹿児島県奄美(あまみ)大島とその南西沖の加計呂麻(かけろま)島との間の狭い海峡。最狭部の幅約1km、長さ約24km。台風時には避泊水域となる。複雑な海岸線をもつ沈水性の水路で、瀬戸内(せとうち)とよばれる。沿岸に山地が迫り、平地に乏しい。潮流が強く、最大3.5ノットに達する。海峡内でマグロ真珠海藻類などの養殖が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大島海峡の言及

【瀬戸内[町]】より

…全域にわたって古生層の山々が急傾斜で海に落ち込み,リアス式海岸を形成する。大島と加計呂麻島の間にある大島海峡は大規模な沈水海湾である。集落のほとんどは奥深い入江に孤立して〈シマ〉と呼ばれ,集落間の交流が困難である。…

※「大島海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大島海峡の関連キーワード瀬戸内(町)瀬戸内[町]油井小島古仁屋海岸線水路

大島海峡の関連情報