コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加計呂麻島 かけろまじま

7件 の用語解説(加計呂麻島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加計呂麻島
かけろまじま

鹿児島県南部,奄美大島のうち本島の南西にある島。瀬戸内町に属する。サトウキビ栽培が主。ウシ,ブタの飼育のほか,漁業も行われる。大島本島との間に大島海峡があり,風景が美しい。島の北側 (大島側) は奄美群島国定公園に指定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加計呂麻島

約77平方キロの東西に細長い島で、山と海に区切られて点在する30集落に1500人弱が住む。映画「男はつらいよ」の最終作「寅(とら)次郎紅の花」が撮影され、故・渥美清さんが演じた寅さんが「今も暮らす」と言われている。09年には島全体が「にほんの里100選」(朝日新聞社森林文化協会選定)に選ばれた。

(2011-10-31 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かけろま‐じま【加計呂麻島】

鹿児島県、奄美(あまみ)大島の南にある島。面積77.15平方キロメートル。大島郡瀬戸内町に属す。佳奇呂麻島(かきろまじま)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かけろまじま【加計呂麻島】

鹿児島県奄美大島の南西方に大島海峡を隔ててある島。大島郡瀬戸内町に属する。面積77.15km2,人口1738(1995)。全島山がちで平野に乏しく,海岸は屈曲に富む典型的なリアス海岸をなす。大島海峡に臨む薩川湾は1920年から第2次大戦終了まで軍港として利用された。作家島尾敏雄が大戦末期特攻隊長をしていた所で,《出発は遂に訪れず》などの小説で有名になった。〈ノロ(祝女)〉の神事や〈諸鈍(しよどん)シバヤ(芝居)〉など古い民俗や風習が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かけろまじま【加計呂麻島】

鹿児島県奄美諸島の一島。大島海峡をはさんで奄美大島と対する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕加計呂麻島(かけろまじま)


鹿児島県奄美大島(あまみおおしま)の南方、狭く長い大島海峡を隔てて対する島。面積77.4km2。大島郡瀬戸内(せとうち)町に属する。標高326mの加崎(かざき)岳を最高点とする山がちの島で、リアス式沈降海岸が発達。諸鈍芝居(しょどんしばや)は国指定の重要無形民俗文化財。大島海峡沿岸と南東岸および北東岸の一部は奄美群島国定公園に属す。サトウキビ栽培と沿岸漁業・養殖漁業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加計呂麻島
かけろまじま

鹿児島県、奄美(あまみ)大島の南西に大島海峡を隔てて位置する島。北緯28度付近にあたる。大島郡瀬戸内(せとうち)町に属する。面積77.39平方キロメートル。周囲が沈水性の地形であるため、湾入や岬の多い複雑な海岸線を示す。島の長軸は北西―南東方向。海岸部には低平地が少なく、海面からいきなり山地となる。最高点は弓師(ゆみし)岳で314メートル。大島海峡に面する入り江は水深が深く、両島によって風も遮られるため、台風時の避難港に利用される。地質は大島本島より続く、珪岩(けいがん)、砂岩、粘板岩などが主体。小集落が海岸部に点在するが、かつては陸路の交流が少ない孤立状態であったせいか、現在残っている習俗などにそれぞれの特色があり、諸鈍(しょどん)地区の諸鈍芝居は国の重要無形民俗文化財に指定されている。交通は本島の古仁屋(こにや)港との間に定期便がある。ハブの多いことでも知られる。人口1516(2009)。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加計呂麻島の関連キーワード奄美空港奄美大島住用鹿児島県大島郡笠利〈町〉住用〈村〉鹿児島県奄美市住用町石原名瀬〈市〉鹿児島県奄美市名瀬港町文英吉大島(鹿児島,奄美大島)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加計呂麻島の関連情報