コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大工原銀太郎 だいくばら ぎんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大工原銀太郎 だいくばら-ぎんたろう

1868-1934 明治-昭和時代前期の農芸化学者。
慶応4年1月3日生まれ。明治28年農商務省農事試験場技師となり,大正10年九州帝大教授,15年総長。のち同志社大総長。土壌学,肥料学を研究し,土壌酸度測定法「大工原法」を確立した。昭和9年3月9日死去。67歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。旧姓は鈴木。著作に「土壌学講義」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大工原銀太郎
だいくばらぎんたろう
(1868―1934)

農学者、教育者。長野県下伊那(しもいな)郡飯田(いいだ)の鈴木家に生まれ、1883年(明治16)大工原孝吉の養子となる。1894年帝国大学農芸化学科を卒業。翌1895年農商務省農事試験場技師となり、鉱質酸性土壌の酸度定量法を確立、大工原酸度とよばれた。さらにその分布を母岩別、地質系統別に調べ、日本の土壌ほとんど全部が酸性土であるとした。酸性中和による改良策を試験し、農地の施肥改善に画期的貢献をした。1911年(明治44)農学博士。1917年(大正6)特許局技師を兼ね、人造肥料の開発指導に関与した。1919年九州帝国大学農学部設置に伴い、教授に迎えられ、総長に任じられた。1930年(昭和5)辞任し、同志社大学総長となる。著書に『土壌学』がある。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大工原銀太郎の関連キーワード清水宏島津保次郎戊辰戦争伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android