コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木実 おおき みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木実 おおき-みのる

1913-1996 昭和-平成時代の詩人。
大正2年12月10日生まれ。工員,出版社社員をへて大宮市役所に勤務。学生時代に室生犀星(むろう-さいせい)にひかれ,昭和14年第1詩集「場末の子」を発表,17年「四季」同人となる。平成4年「柴の折戸」で現代詩人賞。平成8年4月17日死去。82歳。東京出身。電機学校(現東京電機大)中退。詩集はほかに「路地の井戸」など。
【格言など】わたしはいつからか わたしの暮らしのうへに在る 屋根といふものに深い信頼を寄せはじめてゐた(「屋根」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大木実
おおきみのる
(1913―1996)

詩人。東京生まれ。8歳で生母と死別、10歳のとき関東大震災のため継母と弟妹を失った。電機学校中退。少年時代から北原白秋、西条八十(やそ)の童謡に親しみ、長じて佐藤春夫、室生犀星(むろうさいせい)、ドストエフスキー、フィリップの作品に傾倒した。堀辰雄(たつお)らの詩誌『四季』に寄稿、1942年(昭和17)同人となった。質朴な一生活者としての人生の哀歓を歌い、人生的旅情を漂わせている。詩集に『場末の子』(1939)、『屋根』(1941)、『故郷』(1943)、『天の川』(1957)、『冬の仕度』(1971)などがある。第四次『四季』(1967~75)同人。[飛高隆夫]
『『日本の詩23 近代詩集2』(1979・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大木実の関連キーワード子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎子連れ狼 三途の川の乳母車新網走番外地 流人岬の血斗カミカゼ野郎 真昼の決斗任侠興亡史 組長と代貸太陽は日々新たなりあなた買います忘れられぬ人々ここは静かなり最後の特攻隊12月10日踊る摩天楼大木 よね角帽三羽烏大木 実子供の眼大木実奈張込み風見鶏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大木実の関連情報