コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村西崖 おおむらせいがい

4件 の用語解説(大村西崖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大村西崖【おおむらせいがい】

美術史家。静岡県生れ。本名塩沢峯吉。東京美術学校彫刻科卒業後,東洋美術史専攻に転じ,母校の教授となる。審美書院を設立し《東洋美術大観》《真美大観》等の図録類を出版。
→関連項目岩村透

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村西崖 おおむら-せいがい

1868-1927 明治-大正時代の美術史家。
明治元年10月12日生まれ。35年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授となり東洋美術史をおしえる。大正9年「密教発達志」により学士院賞。昭和2年3月8日死去。60歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本名は塩沢峯吉。別号に無記庵。著作はほかに「東洋美術大観」「支那美術史彫塑篇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおむらせいがい【大村西崖】

1868‐1927(明治1‐昭和2)
東洋美術史家。静岡県に生まれる。1893年東京美術学校彫刻科を卒業。1902年母校の教授となり,東洋美術史を講ずる。06年審美書院の設立に加わり,《東洋美術大観》15冊,《真美大観》《東瀛(とうえい)珠光》《支那美術史彫塑編》など,中国美術史の図録,研究書を刊行・執筆して,中国美術史研究に大きな足跡を残した。後年の《密教発達志》は帝国学士院賞を受賞。また,晩年,フェノロサ岡倉天心が排撃した文人画の復興を主張して,白井雨山らと又玄社を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大村西崖
おおむらせいがい
(1868―1927)

東洋美術史家。静岡県に生まれる。1893年(明治26)東京美術学校彫刻科を卒業。東洋美術史専攻に転じ、96年母校の教授となる。また、田島志一(しいち)とともに審美書院を設立し、『東洋美術大観』『真美大観』などの図録類の出版に努めた。『密教発達志』により帝国学士院賞を受賞し、明治・大正を通じて日本の美術史学の開拓者として活躍した。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大村西崖の関連キーワード鷲尾順敬岩井大慧東洋医学北海道新幹線岡幸七郎春風亭柳枝(4代)菅沼豊次郎藤瀬政次郎渡辺素舟東洋城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone