コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村西崖 おおむらせいがい

百科事典マイペディアの解説

大村西崖【おおむらせいがい】

美術史家。静岡県生れ。本名塩沢峯吉。東京美術学校彫刻科卒業後,東洋美術史専攻に転じ,母校の教授となる。審美書院を設立し《東洋美術大観》《真美大観》等の図録類を出版。
→関連項目岩村透

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村西崖 おおむら-せいがい

1868-1927 明治-大正時代の美術史家。
明治元年10月12日生まれ。35年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授となり東洋美術史をおしえる。大正9年「密教発達志」により学士院賞。昭和2年3月8日死去。60歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本名は塩沢峯吉。別号に無記庵。著作はほかに「東洋美術大観」「支那美術史彫塑篇」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおむらせいがい【大村西崖】

1868‐1927(明治1‐昭和2)
東洋美術史家。静岡県に生まれる。1893年東京美術学校彫刻科を卒業。1902年母校の教授となり,東洋美術史を講ずる。06年審美書院の設立に加わり,《東洋美術大観》15冊,《真美大観》《東瀛(とうえい)珠光》《支那美術史彫塑編》など,中国美術史の図録,研究書を刊行・執筆して,中国美術史研究に大きな足跡を残した。後年の《密教発達志》は帝国学士院賞を受賞。また,晩年,フェノロサ岡倉天心が排撃した文人画の復興を主張して,白井雨山らと又玄社を結成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大村西崖
おおむらせいがい
(1868―1927)

東洋美術史家。静岡県に生まれる。1893年(明治26)東京美術学校彫刻科を卒業。東洋美術史専攻に転じ、96年母校の教授となる。また、田島志一(しいち)とともに審美書院を設立し、『東洋美術大観』『真美大観』などの図録類の出版に努めた。『密教発達志』により帝国学士院賞を受賞し、明治・大正を通じて日本の美術史学の開拓者として活躍した。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大村西崖の関連キーワード大日本仏教全書粟田口慶羽板谷桂舟住吉具慶土佐光起大正時代大石真虎住吉如慶土佐光成狩野吉信相見香雨住吉広行住吉広守住吉弘貫望月信亨土佐光孚

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android