コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村透 いわむらとおる

百科事典マイペディアの解説

岩村透【いわむらとおる】

美術評論家。東京生れ。青年時代ニューヨーク,パリ等で洋画を学ぶ。やがて批評活動が中心となり,大村西崖の《美術評論》に寄稿,東京美術学校で西洋美術史を講義。また白馬会,国民美術協会の結成にも参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩村透 いわむら-とおる

1870-1917 明治-大正時代の美術史家。
明治3年1月25日生まれ。岩村高俊の長男。明治21年からアメリカ,フランスに留学。29年白馬会の創立にくわわる。35年東京美術学校(現東京芸大)教授。西洋美術史をおしえ,評論もかいた。大正6年8月17日死去。48歳。東京出身。号は芋洗,観堂。著作に「巴里の美術学生」「芸苑雑稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩村透

没年:大正6.8.17(1917)
生年:明治3.1.25(1870.2.25)
明治大正期の美術評論家,美術史家。号に芋洗,観堂。岩村高俊の長男。東京生まれ。明治21(1888)年東京英和学校を中退し渡米,24年パリに転じアカデミー・ジュリアンで画技を修め,西洋美術史研究も行う。パリで黒田清輝を知る。翌年帰国し,明治美術会評議員となるが,29年退会し黒田らと白馬会を結成。34年から東京美術学校(東京芸大)で西洋美術史を講じ翌年教授となる。文展審査員を務めたほか,国民美術協会の創立に尽力。この間,雑誌『美術評論』『美術新報』などに美術批評や西洋美術史紹介など文筆活動を展開した。<著作>『芸苑雑稿』

(三輪英夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわむらとおる【岩村透】

1870‐1917(明治3‐大正6)
美術批評家,美術史家。東京に生まれる。1888年から5年間欧米に留学。帰国後,明治美術会に入ったが,のち白馬会に参加。ヨーロッパの新しい芸術理論の紹介者,美術批評家として活躍した。1902年東京美術学校教授となり,西洋美術史を講ずる。その間,《巴里の美術学生》《芸苑雑稿》などの著作のほか,西洋美術史の翻訳も多い。近代日本美術草創期の美術批評に道をひらき,西洋美術史学の基礎を築く。主としてフランスの美術思潮に目をうばわれがちだった日本にJ.ラスキン,W.モリスなどのイギリス美術と評論を紹介した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩村透
いわむらとおる
(1870―1917)

明治・大正の美術史家、評論家。東京に生まれる。芋洗(うせん)、観堂と号す。アメリカ、フランスに渡って絵を学び、1892年(明治25)帰国。のち明治美術会に入ったが脱退、黒田清輝(せいき)、久米桂一郎(くめけいいちろう)らと白馬会の創設に尽くし、また国民美術協会の会員として活躍。しかし制作面よりも評論、指導などの功績が大きく、東京美術学校教授、慶応義塾大学講師として西洋美術史を講じた。著書に『西洋彫刻史』『芸苑(げいえん)雑稿』などがある。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩村透の関連キーワード森田 亀之助岩村 高俊鈴木 鼓村清見 陸郎大正時代

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android