コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大林組[株](読み)おおばやしぐみ

百科事典マイペディアの解説

大林組[株]【おおばやしぐみ】

大手ゼネコンの一つ。西日本では業界トップ。1892年大林芳五郎が土木建築請負業を創業。1904年店名を大林組とする。1918年株式会社に改組。建築主体で東京駅駅舎,甲子園球場大阪ドームなど国内の代表的建築物を手がけた。鉄道工事や耐震技術にも強い。土地保有鹿島建設に次ぎ業界2位,不動産にも強いが,ゼネコン不況のなかで1990年代は収益が悪化した。本社事業所東京。本店大阪。2011年資本金577億円,2011年3月期売上高1兆1318億円。売上構成(%)は,建設93,不動産4,その他38。海外売上比率14%。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおばやしぐみ【大林組[株]】

建設会社。大手5社の一つ。本社大阪。1892年大林芳五郎によって大阪で創業。阿部製紙所の建設で信用を得,関西の鉄道工事を中心に成長。1909年に合資会社大林組として組織化され,11年には東京駅の建設工事を一手に引き受け,東京進出を果たした(東京駅舎は関東大震災で損傷を受けず,大林組の施工技術が注目を集めた)。その後も,鉄道・ダムなどの土木工事,ビル建築工事を伸ばし,31年以降は満州事変を機に満州を中心に海外事業を展開して,業界トップの時期もあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android