コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大枝山関(大江山関)(読み)おおえやまのせき

百科事典マイペディアの解説

大枝山関(大江山関)【おおえやまのせき】

山陰道が山城から丹波へ抜ける老(おい)ノ坂(現京都市西京区)の峠手前に設けられていた関所天竜寺所管の荘園年貢運送にかかる人夫(兵士)粮物の調達のため設置された関所で,応永年間(1394年−1428年)の史料にみえ,1423年幕府は当関の関料規定を定めている。これによって天竜寺は相当の収益をあげていたと推測されるが,以後いつまで関の機能が続いたかは不明。
→関連項目老ノ坂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおえやまのせき【大枝山関(大江山関)】

山城国乙訓郡(現,京都市西京区大枝)の関所。古代の山陰道は都と丹波以西8ヵ国の国府を結ぶが,奈良・平安の両時代とも,山城・丹波国境の大枝山(現,老ノ坂峠)を越えて丹波国に入った。平安京の時代には大枝山は,逢坂・竜華・山崎・宇治・淀などと並ぶ交通の要衝で,山城国五道,山城国四堺の一つと呼ばれ,山の手前に関所が設けられた。承和の変,保元の乱など京都に変事が起こったとき,あるいは大索(おおあなぐり)(捜盗)の儀式を行うときなど,検非違使,六衛府の武官,都の武者らが派遣されてこれを固めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android