コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大枝山関(大江山関) おおえやまのせき

2件 の用語解説(大枝山関(大江山関)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大枝山関(大江山関)【おおえやまのせき】

山陰道が山城から丹波へ抜ける老(おい)ノ坂(現京都市西京区)の峠手前に設けられていた関所。天竜寺所管の荘園年貢運送にかかる人夫(兵士)粮物の調達のため設置された関所で,応永年間(1394年−1428年)の史料にみえ,1423年幕府は当関の関料規定を定めている。
→関連項目老ノ坂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおえやまのせき【大枝山関(大江山関)】

山城国乙訓郡(現,京都市西京区大枝)の関所。古代の山陰道は都と丹波以西8ヵ国の国府を結ぶが,奈良・平安の両時代とも,山城・丹波国境の大枝山(現,老ノ坂峠)を越えて丹波国に入った。平安京の時代には大枝山は,逢坂・竜華・山崎・宇治・淀などと並ぶ交通の要衝で,山城国五道,山城国四堺の一つと呼ばれ,山の手前に関所が設けられた。承和の変保元の乱など京都に変事が起こったとき,あるいは大索(おおあなぐり)(捜盗)の儀式を行うときなど,検非違使,六衛府の武官,都の武者らが派遣されてこれを固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大枝山関(大江山関)の関連キーワード大原野大原野神社西京区粟田小塩山勝持寺芹生花の寺松尾山秦都理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone