大柴胡湯去大黄(読み)だいさいことうきょだいおう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいさいことうきょだいおう【大柴胡湯去大黄】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡半夏(はんげ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)大棗(たいそう)枳実(きじつ)生姜(しょうきょう)などを含む。高血圧動脈硬化胃腸病気管支喘息(ぜんそく)胆石胆嚢(たんのう)炎などに用い、上腹部が張って苦しい、耳鳴りめまい肩こり、胸部の広い圧痛、下痢といった症状がともなうとき、とくに有効とされる。体格が頑丈で体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android