コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大溝藩 おおみぞはん

3件 の用語解説(大溝藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大溝藩
おおみぞはん

江戸時代,近江国 (滋賀県) 高嶋郡大溝地方を領有した藩。元和5 (1619) 年,京極氏のあとへ分部光信が伊勢 (三重県) 上野から移り2万石を領して以来,廃藩置県まで 10代にわたり在封。外様,江戸城柳間詰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おおみぞはん【大溝藩】

江戸時代近江(おうみ)国高島郡大溝(現、滋賀県高島市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は修身堂。大坂の陣の功などにより、1619年(元和(げんな)5)に、伊勢(いせ)国上野藩から分部光信(わけべみつのぶ)が2万石で入り立藩。以後明治維新まで分部氏12代が続いた。初代光信は陣屋や武家屋敷の建設に力を注ぐ一方、幕政でも、織田信長(おだのぶなが)に焼き払われた比叡山(ひえいざん)諸堂の造営奉行に命じられ活躍した。藩財政は江戸中期以降苦しくなり、中興の英主といわれ藩校修身堂を創立した8代光実(みつざね)が財政改革に取り組んだが、効果は限られたものだった。1871年(明治4)の廃藩置県前に廃藩して大津県に編入され、翌72年滋賀県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大溝藩
おおみぞはん

江戸時代、近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)などを領有した藩。2万石。藩主分部(わけべ)氏。外様(とざま)。この地は、戦国期には京極(きょうごく)氏の家臣磯野(いその)氏が居を構え、のち織田信澄(おだのぶずみ)が在城した。関ヶ原の戦いで東軍に味方した分部光嘉(みつよし)は、功により伊賀上野に2万石を与えられたが、その子光信のとき、大坂の陣の恩賞として1619年(元和5)8月高島郡大溝へ転封され、大溝藩を興した。嘉治、嘉高、信政、光忠、光命(みつなが)、光庸(みつつね)、光実、光邦、光寧、光貞、光謙と12代続き、1871年(明治4)廃藩置県となり、大津県に合併さらに滋賀県となった。1785年(天明5)封を継いだ光実は向学の志厚く、藩校修身堂を建てた。[藤田恒春]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大溝藩の関連キーワード石村近江(2代)石村近江(3代)石村近江(4代)石村近江(6代)石村近江(7代)石村近江(8代)石村近江(9代)石村近江(10代)石村近江(11代)朽木良綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone