コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大溝藩 おおみぞはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大溝藩
おおみぞはん

江戸時代,近江国 (滋賀県) 高嶋郡大溝地方を領有した藩。元和5 (1619) 年,京極氏のあとへ分部光信が伊勢 (三重県) 上野から移り2万石を領して以来,廃藩置県まで 10代にわたり在封。外様,江戸城柳間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

おおみぞはん【大溝藩】

江戸時代近江(おうみ)国高島郡大溝(現、滋賀県高島)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は修身堂。大坂の陣の功などにより、1619年(元和(げんな)5)に、伊勢(いせ)国上野藩から分部光信(わけべみつのぶ)が2万石で入り立藩。以後明治維新まで分部氏12代が続いた。初代光信は陣屋や武家屋敷の建設に力を注ぐ一方、幕政でも、織田信長(おだのぶなが)に焼き払われた比叡山(ひえいざん)諸堂の造営奉行に命じられ活躍した。藩財政は江戸中期以降苦しくなり、中興の英主といわれ藩校修身堂を創立した8代光実(みつざね)が財政改革に取り組んだが、効果は限られたものだった。1871年(明治4)の廃藩置県前に廃藩して大津県に編入され、翌72年滋賀県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大溝藩
おおみぞはん

江戸時代、近江(おうみ)国高島郡(滋賀県高島市)などを領有した藩。2万石。藩主分部(わけべ)氏。外様(とざま)。この地は、戦国期には京極(きょうごく)氏の家臣磯野(いその)氏が居を構え、のち織田信澄(おだのぶずみ)が在城した。関ヶ原の戦いで東軍に味方した分部光嘉(みつよし)は、功により伊賀上野に2万石を与えられたが、その子光信のとき、大坂の陣の恩賞として1619年(元和5)8月高島郡大溝へ転封され、大溝藩を興した。嘉治、嘉高、信政、光忠、光命(みつなが)、光庸(みつつね)、光実、光邦、光寧、光貞、光謙と12代続き、1871年(明治4)廃藩置県となり、大津県に合併さらに滋賀県となった。1785年(天明5)封を継いだ光実は向学の志厚く、藩校修身堂を建てた。[藤田恒春]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大溝藩の関連キーワード高島(滋賀県)滋賀県高島市高島[町]滋賀(県)分部嘉高分部光寧分部嘉治分部光命分部光謙戸田直武分部光貞近藤重蔵分部光忠中村鸞渓池田長溥分部信政横田笙嶹分部惟信川田甕江分部光邦

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android