コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮下太吉 みやした たきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮下太吉 みやした-たきち

1875-1911 明治時代の無政府主義者。
明治8年9月30日生まれ。日刊平民新聞」をよみ,幸徳秋水らにちかづく。各地で機械工としてはたらき,明治42年長野県明科(あかしな)製材所にうつる。天皇暗殺のため爆裂弾試作,43年逮捕されて大逆事件のきっかけをつくった。明治44年1月24日刑死。37歳。山梨県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮下太吉

没年:明治44.1.24(1911)
生年:明治8.9.30(1875)
大逆事件の事実上の首謀者。山梨県甲府市若松町に生まれる。父は幸吉。郷里の小学校を卒業後,機械職工となった。愛知県の亀崎鉄工場に勤務した折,日刊『平民新聞』を読み,社会主義思想の影響を受けた。明治41(1908)年の赤旗事件後,秘密出版された内山愚童の『入獄紀念・無政府共産』を読み,天皇否定の思想を固め,民衆の天皇に対する迷信を打破する必要を感じる。42年長野県の明科製材所に転勤,爆弾による明治天皇暗殺を企て,試爆に成功,新村忠雄,管野すが,古河力作と共謀中,43年5月警官により発覚逮捕された。この事件を核として幸徳秋水を首謀者とする大逆事件がフレームアップされた。<参考文献>塩田庄兵衛・渡辺順三編『秘録大逆事件』,神崎清『大逆事件』

(山泉進)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやしたたきち【宮下太吉】

1875‐1911(明治8‐44)
明治期の無政府主義者。甲府市に生まれ,小学校卒業後,機械職工として各地の工場で働く。愛知県の亀崎鉄工所時代の1907年ごろ,日刊《平民新聞》を読んで社会主義思想に傾倒し,森近運平,幸徳秋水を訪ね,その影響を受けた。08年ごろ天皇の暗殺を考え,翌年長野県明科製材所の機械工をしつつ独力で爆弾試作をした。新村忠雄,管野スガらとテロを計画したが,10年5月発覚して逮捕され,大逆事件の端緒となった。11年死刑に処された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宮下太吉の言及

【大逆事件】より

…明治天皇暗殺を計画したとの容疑で多数の社会主義者,無政府主義者が逮捕・処刑された事件。事件は,1910年5月宮下太吉ら4人が爆発物取締罰則違反で検挙されたのがきっかけで,その後,検挙者は全国各地で数百名にものぼった。うち26名が刑法73条の大逆罪にあたるものとして起訴された。…

※「宮下太吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮下太吉の関連キーワード大石 誠之助塩田庄兵衛新村善兵衛新田 融明治時代新田融