コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船建造の禁 たいせんけんぞうのきん

2件 の用語解説(大船建造の禁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大船建造の禁
たいせんけんぞうのきん

江戸幕府が封建体制維持策の一環として発した禁令。慶長 14 (1609) 年に,西国諸大名に対してその武力を制限するために 500石積み以上の大船を収公破棄し,建造を禁じたのに始り,寛永 12 (35) 年の『武家諸法度』で成文化され整った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大船建造の禁
たいせんけんぞうのきん

江戸幕府の出した造船の禁令。1609年(慶長14)幕府は西国諸大名の所有する500石以上の軍船を没収し、かつ建造を禁止した。さらに35年(寛永12)には武家諸法度(ぶけしょはっと)を改定して、諸大名の500石以上の船の所有禁止を法文化した。諸大名の軍備を制限する目的であった。しかし38年、荷船(商売船)についてはこの禁令から解除され、以後江戸時代を通じて廻船(かいせん)による活発な海運活動が展開された。1853年(嘉永6)に至り、大名の大船建造の禁止が全面的に解除され、61年(文久1)には、百姓、町人の大船所有をも許し、国内海運に西洋型船を導入しようとしたが、その成果をみないまま、幕府は崩壊してしまった。[柚木 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大船建造の禁の言及

【造船業】より

…イギリス造船業との著しい生産力格差を埋めるべく要請された大規模な固定資本投資は,民間業者の耐えうるところではなく,幕府等によって担われざるをえなかった。幕府は1853年に寛永以来の〈大船建造の禁〉を解除して横須賀の浦賀に造船所を開設し,これが日本近代造船業の出発点となった。次いで56年に水戸藩が江戸の石川島に,幕府が長崎に修理工場を建設した。…

【武家諸法度】より

…江戸幕府が武家の守るべき義務を定めた法令。天皇,公家に対する禁中並公家諸法度,寺家に対する諸宗本山本寺諸法度(寺院法度)と並んで,幕府による支配身分統制の基本法であった。1615年(元和1)大坂落城後,徳川家康は以心崇伝らに命じて法度草案を作らせ,検討ののち7月7日将軍秀忠のいた伏見城に諸大名を集め,崇伝に朗読させ公布した。漢文体で13ヵ条より成り,〈文武弓馬の道もっぱら相嗜むべき事〉をはじめとして,品行を正し,科人(とがにん)を隠さず,反逆・殺害人の追放,他国者の禁止,居城修理の申告を求め,私婚禁止,朝廷への参勤作法,衣服と乗輿(じようよ)の制,倹約,国主(こくしゆ)の人選について規定し,各条に注釈を付している。…

※「大船建造の禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大船建造の禁の関連キーワード徳川幕府新潟奉行幕藩体制一環郷村鎖国令昌平坂学問所連歌始め守旧派禁書令

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone