コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大里用水 おおさとようすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大里用水
おおさとようすい

荒川水系中最大の灌漑用水。六堰用水 (ろくせきようすい) とも呼ばれる。埼玉県深谷市の永田で取水される。 1939年周辺の六つの堰をまとめた頭首工が完成した。灌漑面積約 35km2。ダムは円筒形の堰の上下によって水量の調整を行なうローリングダムで,魚梯 (→魚道 ) も設けられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおさとようすい【大里用水】

埼玉県北西部,荒川水系最大の用水路。別名を六堰(ろくせき)用水というが,それは荒川岸の上下に,慶長年間(1596‐1615)までに造られていた奈良堰,玉井堰,大麻生(おおあそう)堰,成田堰,御正(みしよう)堰,吉見堰の6用水のそれぞれの頭首工を1929‐39年に合口したためである。取水地点は荒川北岸,大里郡花園村永田地先で,六堰のうち御正堰および吉見堰の両用水は,同郡川本村明戸で荒川河床をサイフォンでくぐって,対岸大里村方面に導かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大里用水
おおさとようすい

埼玉県北部にあり、荒川から取水する農業用水路。六堰(ろくせき)用水ともいう。旧川本町と旧花園(はなぞの)町(ともに現深谷(ふかや)市)との間の六堰で取水し、左岸、右岸にわたって灌漑(かんがい)する荒川筋最大の用水路である。六堰の名は、17世紀初期(慶長(けいちょう)年間)につくられた奈良(なら)、玉井(たまい)、大麻生(おおあそう)、成田(なりた)、御正(みしょう)、吉見(よしみ)の六つの堰による。1929年(昭和4)より用水組織の改修を図るため、六堰を一つにまとめる合口工事が行われ、1939年に完成。近年、上流の二瀬(ふたせ)、玉淀(たまよど)両ダムからの引水で流量を増加した。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大里用水の関連キーワード魚梯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android