コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪砲兵工廠 おおさかほうへいこうしょう

百科事典マイペディアの解説

大阪砲兵工廠【おおさかほうへいこうしょう】

江戸時代の長崎製鉄所の主要機械類を受け継いで1870年大阪城内に設立した大砲製造所を,1879年大阪砲兵工廠と改称陸軍の火砲類を製造した。1906年日露戦争後の生産削減に伴う人員整理,賃金減額などに対する反発から労働争議が起こったが,ストライキは実施されないうちに終息した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大阪砲兵工廠の言及

【大阪砲兵工廠争議】より

…1906年12月に起きた大阪砲兵工廠(職工数1万3600人)における争議。日露戦争を前後する時期,軍工廠や造船所など日本資本主義の根幹をなす重工業大経営のほとんどにあいついで労働争議が発生した。…

【軍工廠】より

…両者とも,明治維新政府が旧幕府,西南雄藩が建設した造船所,兵器工場を接収および新設して出発した。陸軍は東京砲兵工廠(1868年,小銃製造中心,幕府の関口製作所が母体),大阪砲兵工廠(1870年,火砲製造中心,長崎製鉄所の機械と職工を大阪城内に移した造兵司が母体)を起点とし,修理と輸入品の模造をおこないつつ,欧米から労働手段・技術を輸入して,1887‐90年には一定の兵器の量産が可能となり,村田銃(十三年式(明治13年)→十八年式→連発銃(明治22年)と改良),7センチ後装式野砲・山砲はこの時期の技術的到達点を示している。海軍は旧幕府が建設していた横須賀造船所等を接収して,1872年に海軍省直轄とし,74年に海軍兵器製造所を東京築地に新設(工部省赤羽工作分局の機械等を移し,1897年より海軍造兵廠と称する)。…

※「大阪砲兵工廠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大阪砲兵工廠の関連キーワード開高健(かいこうたけし)大阪砲兵工廠争議官業労働総同盟寺嶋 宗一郎川村 保太郎堂前 孫三郎非鉄金属工業青柿 善一郎太田徳三郎安藤 国松能村 磐夫田中弘太郎川村保太郎京橋駅空襲江戸時代楠瀬幸彦西尾末広西浦宇吉中島兼吉八木信一

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪砲兵工廠の関連情報