コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方違え カタタガエ

占い用語集の解説

方違え

やむなく凶方位へ行かなければいけないときの対処策。一度、目的地とは別の吉方位へ移動し、そこから本来の目的地に吉方位として向かう方法。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

かたたがえ【方違え】

陰陽道おんようどうの説により平安時代以降行われた風習。外出の際、目的地が禁忌の方角に当たる場合、前夜に別の方角に行って泊まり、方角を変えてから出発したこと。また、作事などが禁忌の方角に当たる場合に、いったん他に宿泊してその忌を他所に移したりした。院政期に最も盛んに行われた。かたいみ。かたたがい。 → 方塞かたふたがり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

方違えの関連キーワード方違へ所陰陽道天一神方位学方違い方違ふ金神