中気(読み)ちゅうき

精選版 日本国語大辞典「中気」の解説

ちゅう‐き【中気】

〘名〙
多聞院日記‐元亀二年(1571)一〇月一二日「及夜常如院中気絶入、雖然無殊儀云々」
狂言記・針立雷(1700)「されば中気(チウキ)は、宿でござらば、薬を調合いたしませふずれ共」 〔証治準縄‐諸中門〕
陰暦で各月の後半をいう。陰暦では各月を二分して二四節気を数えるが、その奇数番目を節と称するのに対して、偶数番目を中気と称する。雨水春分穀雨・小満・夏至大暑処暑秋分霜降小雪冬至大寒がこれにあたる。〔名語記(1275)〕 〔後漢書‐律暦志下〕
漢方で、脾胃の気。脾臓の働き。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中気の言及

【二十四節気】より

…12個の中気と12個の節気の総称で,中国の戦国時代に成立した。節気ないし二十四気とも略称する。…

【脳卒中】より

…脳血管障害では意識障害や運動麻痺を必ずしも示すとは限らないが,広義に解釈して急性型の脳血管障害という意味で用いることも多い。また,中風(ちゆうふう∥ちゆうぶう)または中気という言葉が脳卒中と同義に用いられることもあるが,一般には,卒中発作後,後遺症として半身不随(片麻痺)などの運動麻痺を残した状態をいうことが多い。
[原因疾患]
 (1)脳出血(脳溢血(のういつけつ)),(2)脳梗塞(のうこうそく),(3)くも膜下出血,(4)高血圧性脳症などがある。…

※「中気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android