コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津司舞 てんづしのまい

3件 の用語解説(天津司舞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天津司舞
てんづしのまい

山梨県甲府市小瀬町の天津司神社(てんづしじんじゃ)の 4月第1日曜日(かつては 4月10日)の祭りに行なわれる人形の舞。9体の神舞人形が天津司神社から下鍛冶町諏訪神社に行列をつくって渡御し,境内の御船と呼ばれる船形の幕の内に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

天津司(てんずし)舞

山梨県甲府市に伝わる民俗芸能。毎年春に、小瀬町の天津司神社本殿から降ろした9体の人形を奉じて隣町の下鍛冶屋町の諏訪神社まで練り歩き、その後「御船」と呼ばれる竹囲いの中で舞いが行われる。人形は等身大で、3~4人で操演する。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天津司舞
てんづしまい

山梨県甲府市小瀬(こせ)町に伝わる人形芸。2メートルほどの竹の心串(しんぐし)の上部約1.3メートルが人形という杖頭傀儡(じょうとうかいらい)形のものを用いる。4月10日前の日曜日に行われる。人形を祀(まつ)る天津司神社を行列で出て諏訪(すわ)神社に着き、社殿前に設けられた御船とよばれる楕円(だえん)形の高幕舞台で人形を掲げながら遣う。人形は、一ノささら・二ノささら・一ノ太鼓・二ノ太鼓・一ノ笛・一ノ鼓・鹿島(かしま)・姫・鬼の九体からなる。一ノ笛と鼓と鹿島は一人遣いで、他は2~4人で遣うが、基本的には2人で操る棒遣い形式である。簓(ささら)、太鼓、笛、鼓など人形の持ち物、綾藺笠(あやいがさ)風の一文字笠、狩衣(かりぎぬ)・袴(はかま)の衣装からして明らかに田楽躍(でんがくおどり)人形で、鹿島は田楽の曲芸の刀玉を、姫と鬼が田楽の能を演じる。天津司の名称は手傀儡(てくぐつ)の転訛(てんか)音で、中世の人形芸を思わせるが、初発は不明。地元では、住吉十二神体が天降(あまくだ)り舞楽を舞ったのに始まり、名称は囃子(はやし)の擬音と称している。国指定の重要無形民俗文化財。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天津司舞の関連キーワード山梨県甲府市池田山梨県甲府市伊勢山梨県甲府市北新山梨県甲府市貢川山梨県甲府市国母山梨県甲府市住吉山梨県甲府市宝山梨県甲府市千塚山梨県甲府市中央山梨県甲府市向町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone