コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天路歴程 てんろれきていThe Pilgrim's Progress

6件 の用語解説(天路歴程の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天路歴程
てんろれきてい
The Pilgrim's Progress

イギリスの宗教作家 J.バニヤンの寓意物語。第1部 1678年,第2部 84年刊。全体は筆者の夢物語の形をとり,主人公クリスチャンが妻子を捨て重い荷物を背負って「破滅の町」から巡礼に出発し,「死の影の谷」「虚栄の市」などを経てさまざまな苦難を克服,「天都」に到達する道程を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんろれきてい【天路歴程】

《原題The Pilgrim's Progressバニヤンの小説。第一部1678年、第二部84年刊。クリスチャンとその妻クリスチアーナが「滅亡の市」を旅立ち、「落胆の沼」「虚栄の市」などを経て、試練の末に「天の都」に至るまでを描く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天路歴程【てんろれきてい】

バニヤンの小説。全2部。クリスチャンという名の主人公の〈この世から来たるべき世に至る巡礼の旅〉を描く。聖書をふんだんにとりこんだ寓意物語で,ピューリタン文学の代表作。
→関連項目アレゴリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんろれきてい【天路歴程 The Pilgrim’s Progress】

イギリスの説教者J.バニヤンの寓意物語。全2部。1678,84年刊。作者の夢物語という形式で語られる。重荷を負ったクリスチャンという男が一巻の書物を読み,彼の住んでいる町が神の手で裁かれることを知り,この〈破滅の都市〉から逃れようとする。〈落胆の沼〉や〈虚栄の市〉における誘惑にうちかち,さらに悪魔アポリオンに悪戦苦闘の末勝って,最終的に〈天上の都市〉に到着する。以上の第1部につづく第2部では,〈破滅の都市〉に残された妻クリスティアーナが同じくさまざまな苦難の末〈天上の都市〉に至る寓意物語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんろれきてい【天路歴程】

小説。バニヤン(J. Bunyan)作。第一部1678年、第二部84年刊。「滅亡の市」を旅立ち、数々の試練を経て「天の都」にたどりつく巡礼者の姿を通して、信仰による魂の救済過程を描く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天路歴程
てんろれきてい
The Pilgrim's Progress

イギリスの宗教作家ジョンバニヤンの寓意(ぐうい)物語。前編1678年刊。前・後編は1684年刊。正式には『この世から来るべき世への巡礼の歩み』The Pilgrim's Progress from This World to That Which Is to Come; Delivered under the Similitude of a Dream。「天路歴程」という書名はイギリス人宣教師バーンズWilliam Chalmers Burns(1815―1868)が中国布教の際、厦門(アモイ)で中国語訳を出版(1853)したときのものが使われている。荒野をよぎる途中洞穴で眠り、そこでみた夢をつづる一種の夢物語で、敬虔(けいけん)なキリスト教徒の一生をアレゴリー化した内容。第一部では、主人公クリスチャンが破滅の都を後にして落胆の沼、慚愧(ざんき)の谷、虚栄の市(いち)、疑惑の城などを経て天の都へ至る道程を描き、その間さまざまな美徳・悪徳の人物と遭遇する。第二部は、第一部でクリスチャンとの同行を拒んだ妻クリスチアーナが、信仰に目覚めて子供たちを連れ、周囲の反対を押し切って旅立ち、隣人のグレート・ハートに伴われ苦難の数々を乗り切り、天の都へたどり着く道程が描かれる。ピューリタンの敬虔、真摯(しんし)な心境と行動が率直・簡明な文体で表現され、登場人物の迫真性、現世への鋭い観察と洞察は、中世の類型的寓意物語を脱却している。その後出現する小説のジャンルにも大きな影響を与え、深い宗教性と感動的内容によって聖書を補う炉辺の書として広く読まれた。[船戸英夫]
『竹友藻風訳『天路歴程』全2巻(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天路歴程の言及

【イギリス文学】より

…だから小説はあくまで真実を語り道徳を高める役割を果たさねばならない,と主張したのである。イギリス小説の初期の傑作たるJ.バニヤンの《天路歴程》(1678,84)はキリスト教精神の弘布の役割を果たすから,デフォーの《ロビンソン・クルーソー》(1719)は事実の記録(今日でいうノンフィクション・ドキュメンタリー)だからという理由で,当時の市民階級の読者から歓迎されたのである。
[特質]
 イギリスの小説,特に〈ノベル〉には,それを生み出した地域社会に共通する精神構造や風俗に依拠している部分が多い。…

※「天路歴程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone