落胆(読み)らくたん

精選版 日本国語大辞典「落胆」の解説

らく‐たん【落胆】

〘名〙
① おどろくこと。〔布令必用新撰字引(1869)〕 〔文同‐積雨詩〕
力を落とすこと。失望すること。期待などに反し、がっかりすること。〔新令字解(1868)〕
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「今唐突(だしぬけ)に免職になったと聞いたら定めて落胆するだらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「落胆」の解説

らく‐たん【落胆】

[名](スル)期待や希望どおりにならずがっかりすること。「審査に通らず落胆する」
[類語]がっかりがっくりげっそり失望絶望失意幻滅脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし意気阻喪しょんぼりぽつねんと悄然意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「落胆」の解説

【落胆】らくたん

がっかり。また、驚く。をつぶす。成大〔堆(えんよたい)〕詩 舟師、欹傾(きけい)し、膽してぐ 石(せきげつ)水きこときを(うれ)ふ

字通「落」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android