コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀屋座 たちやざ

1件 の用語解説(太刀屋座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たちやざ【太刀屋座】

中世,京都にあった太刀販売の座。戦国期の太刀づくりは,美濃の関を中心として東は駿河の島田,若狭の小浜,加賀の能美,越中の宇津,越後の桃川,西は備中の水田・青江,備後の三原,安芸の入西,筑後の大石・三池,肥後の菊池,薩摩の波平,豊後の高田朽網郷,阿波の海府が知られた。それぞれ地方での需要をまかなうほか,京都に集中されて販売された。例えば奈良の刀細工の座は興福寺東大寺を本所とし,輸出用や奈良で使用される武器を製造している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone