コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀屋座 たちやざ

1件 の用語解説(太刀屋座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たちやざ【太刀屋座】

中世,京都にあった太刀販売の座。戦国期の太刀づくりは,美濃の関を中心として東は駿河の島田,若狭の小浜,加賀の能美,越中の宇津,越後の桃川,西は備中の水田・青江,備後の三原,安芸の入西,筑後の大石・三池,肥後の菊池,薩摩の波平,豊後の高田朽網郷,阿波の海府が知られた。それぞれ地方での需要をまかなうほか,京都に集中されて販売された。例えば奈良の刀細工の座は興福寺東大寺を本所とし,輸出用や奈良で使用される武器を製造している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太刀屋座の関連キーワード足白の太刀衛府の太刀釜の座白太刀細太刀焼き太刀焼き太刀の焼き太刀を打ち出での太刀唐太刀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone