コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板締(読み)いたじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板締
いたじめ

文様を彫り抜いた2枚の板の間に,布をはさみ締めて染色する方法。奈良時代には夾纈 (きょうけち) と呼ばれ,東大寺正倉院に数種の作品がある。布を幾重にも折りたたんではさむので,同文様繰返しができる。手拭中型 (ゆかた地) など単色の染色に応用される。糸を染める場合は,凹凸につくった板に糸を巻き,他の板と合せて締めつけ浸染する。 (かすり) 織物原糸などに利用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android