板締(読み)いたじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板締
いたじめ

文様を彫り抜いた2枚の板の間に,布をはさみ締めて染色する方法。奈良時代には夾纈 (きょうけち) と呼ばれ,東大寺正倉院に数種の作品がある。布を幾重にも折りたたんではさむので,同文様繰返しができる。手拭中型 (ゆかた地) など単色の染色に応用される。糸を染める場合は,凹凸につくった板に糸を巻き,他の板と合せて締めつけ浸染する。 (かすり) 織物原糸などに利用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android