コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈半利町 なはり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈半利〔町〕
なはり

高知県南東部,奈半利川河口左岸の町。土佐湾に面する。 1916年町制。中心集落の奈半利は,紀貫之の『土佐日記』に奈半ノ泊 (とまり) と記された地で,江戸時代は野根山街道の分岐点として繁栄。奈半利川上流域の魚梁瀬 (やなせ) の森林地帯を控え,貯木場,製材所があり,商港としての奈半利港から林産物,木材などを阪神地方へ積出す。周辺地区は農業が主体で,米作のほか,施設園芸が行われる。南部の加領郷付近は室戸阿南海岸国定公園に属する。海岸部を国道 55号線が通じ,奈半利川沿いに 493号線を分岐。面積 28.36km2。人口 3326(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

奈半利町の関連キーワード高知県安芸郡奈半利町乙土佐くろしお鉄道阿佐線高知県安芸郡奈半利町丙高知県安芸郡奈半利町甲高知県安芸郡東洋町ごめん・なはり線奈半利町の要覧奈半利(町)浜田 恒之助野村 茂久馬中芸広域連合高知県安芸郡北川(村)浜田 寅彦後免

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈半利町の関連情報